PR PR
宝島社
¥990 (2023/12/22 16:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

【Dllcache】修復コマンド

スポンサーリンク
新着情報
2023.04.09
2023.04.06
2023.04.03
2023.03.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は2013年4月18日の1年以上前に書かれたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

記事内に広告が含まれています。

【Dllcache】を修復して、システム安定化させる方法です。

WindowsXPには、
システムファイルが破損した時に
バックアップから自動でリカバリするWindowsファイル保護機能があります。

バックアップデータは【Dllcache】フォルダに保存されていますが、
まれに【Dllcache】自体不具合が起こる可能性もあります。

ですので、
定期的にリフレッシュしておきましょう。

【操作方法】

1、スタート⇒「ファイル名を指定して実行」⇒「cmd」と入力し「OK」にてコマンドプロンプト起動。
  (もしくは、スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒コマンドプロンプト)
2.コマンドプロンプトが起動したら以下コマンドを入力。

1)sfc /cachesize=0
2)sfc /purgecache
3)sfc /cachesize=300
4)sfc /scanonce

3.上記コマンドを入力したらコマンドプロンプトを閉じて(もしくは、exitにて閉じる)、PC再起動。

4.再起動後、「Windowsファイル保護」のチェックが始まります。

5.Home Edtionの場合はWindowsXPProのインストールCDを要求されるので、インストールCDをCDドライブに入れて置きましょう。

以下コマンドプロンプト画面です。

コマンド実行画面
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました