PR PR
宝島社
¥990 (2023/12/22 16:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

.htaccessに記載するRedirect処理コードを自動作成実行する方法

スポンサーリンク
新着情報
2023.04.09
2023.04.06
2023.04.03
2023.03.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Blogger

この記事は2023年4月9日の1年以上前に書かれたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

記事内に広告が含まれています。

サイト移転やドメイン移行などで必ず必要になってくるリダイレクト処理があります。以前までのサイトを引き継がないのであれば別に必要のないことですが、何年もかけて作成してきたサイトやブログは知らないうちにどなたかが、

  • リンクしてくれていたり、
  • 意外とドメインパワーが高かったり、
  • あちらこちらにブックマークされていたり、
  • 意外とGoogleやBingやYahooなどの検索ポータルサイトにインデックスされまくっていたり、
  • などなど
スポンサーリンク

と、いろいろなことが考えられます。

スポンサーリンク
  1. そういった場合に、サイト移転やサイト移行してしまうとそれまでのURLでは記事やホームページにアクセスできない状態が永遠と続いてしまいます。
    1. ただ、記事数やホームページのコンテンツが多かった場合やパーマリンク設定が異なってしまう場合には、一苦労・一工夫が必要になります。
  2. 以前の記事で、少し古いリダイレクト処理コードのRedirect permanentを使用しての一括自動リダイレクトコード作成方法を記載しました。
    1. その他にRewriteRuleによるリダイレクト処理方法もあります。
  3. 以前のRedirect permanentコードではなく、Redirect 301コード作成にて一括自動リダイレクト処理コード作成方法です。
    1. 以下にまずpage.phpの内容を書き換えるphpコードを記載します。
  4. その後は、固定ページを新規作成します。
    1. 上記のようにRedirect 301にて複数行にパーマリンク構造の異なるURLを自動的にリダイレクト処理コード作成出力することができます。
  5. ※.htaccessにリダイレクト処理コードを記載後、ディレクトリ直下にアップロードした後にサイトやブログが表示されなくなったりした場合には速やかに元のバックアップしておいて.htacceessに戻して記載ミスがないか確認してみましょう。
    1. 詳細の方法は以下の記事より確認してみてください。

そういった場合に、サイト移転やサイト移行してしまうとそれまでのURLでは記事やホームページにアクセスできない状態が永遠と続いてしまいます。

そうなってしまってはとても勿体ないので、多くの場合リダイレクト処理を.htaccessに直接Redirect処理コードを記載して新しいサイトにリダイレクトにて、それまでのリンクして頂いたサイトなどからのアクセスも404エラーにならずに済みます。

ただ、記事数やホームページのコンテンツが多かった場合やパーマリンク設定が異なってしまう場合には、一苦労・一工夫が必要になります。

複数のパーマリンク構造の異なるパーマリンクURLを一行一行すべてのURLをリダイレクト処理コードを記載していくのはとても大変になります。

以前の記事で、少し古いリダイレクト処理コードのRedirect permanentを使用しての一括自動リダイレクトコード作成方法を記載しました。

BloggerからWordPress移行後のパーマリンク設定とリダイレクト方法
BloggerからWordPress移行後のパーマリンク設定とリダイレクト方法
今回は、パーマリンク設定URLが設定できないブログサービスの内1つの、Googleの提供サービスであるBloggerブログからWordPressへ移行した場合に.....

その他にRewriteRuleによるリダイレクト処理方法もあります。

以前のRedirect permanentコードではなく、Redirect 301コード作成にて一括自動リダイレクト処理コード作成方法です。

ほんの少しだけ記述内容を変更するだけなのですが、いくつかの方法は知っていた方が選択肢の幅が広がります。

以下にまずpage.phpの内容を書き換えるphpコードを記載します。

<?php /*
 
Template Name: redirectexport
 
*/ ?>
 
<?php
$posts = get_posts('numberposts=1999');
global $post;
?>
 
<?php if($posts): foreach($posts as $post): setup_postdata($post);
echo "Redirect 301 ";
echo get_post_meta($post->ID,'blogger_permalink',TRUE);
echo " ";
the_permalink();
echo "<br />";
endforeach;
endif;
?>

上記内容を記述した後に、ファイル名は何でも良いのでRedirect.phpとでもして保存します。

そのRedirect.phpをFTPツールにて、サーバー内のthemeフォルダ内該当themeの子テーマ内にアップロードします。

その後は、固定ページを新規作成します。

新規作成後に、プレビューでも公開しても良いのですがどちらでも問題なく.htaccessに記載すべきリダイレクト処理コードが一括で複数行自動的に出力されます。

上記のようにRedirect 301にて複数行にパーマリンク構造の異なるURLを自動的にリダイレクト処理コード作成出力することができます。

あとは、.htaccessのバックアップをしてから上記をリダイレクト処理コード一覧を追記したものをディレクトリ直下の.htaccessに上書き保存にて書き換えます。

その後に、旧URLから新URLにしっかりとリダイレクト処理されているかの確認をしてリダイレクトされていれば成功です。

※.htaccessにリダイレクト処理コードを記載後、ディレクトリ直下にアップロードした後にサイトやブログが表示されなくなったりした場合には速やかに元のバックアップしておいて.htacceessに戻して記載ミスがないか確認してみましょう。

詳細の方法は以下の記事より確認してみてください。

BloggerからWordPress移行後のパーマリンク設定とリダイレクト方法
BloggerからWordPress移行後のパーマリンク設定とリダイレクト方法
今回は、パーマリンク設定URLが設定できないブログサービスの内1つの、Googleの提供サービスであるBloggerブログからWordPressへ移行した場合に.....

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました