PR PR
宝島社
¥990 (2023/12/22 16:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

PLANEX 無線/有線LAN両対応ネットワークカメラ CS-W03G |

スポンサーリンク
新着情報
2023.04.09
2023.04.06
2023.04.03
2023.03.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は2007年8月15日の1年以上前に書かれたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

記事内に広告が含まれています。

PLANEX 無線/有線LAN両対応ネットワークカメラ CS-W03GPLANEX 無線/有線LAN両対応ネットワークカメラ CS-W03G


有線/無線LAN両対応ネットワークカメラ
インターネットやLANを利用してカメラの映像を確認することが可能で、WEBサーバを内蔵しているため、カメラの設置場所にはパソコンが必要ない。また、最大4倍のデジタルズーム機能を搭載し、カメラが撮影している範囲で画像の変化を検知することができる動体検知機能など便利な機能を搭載している。

ネットワーク対応、カメラのみで映像送信可能
「CS-W03G」は、内蔵CPUによる独立したシステム採用しているため、撮影した映像を送信するためのコンピュータを必要としない。既存のネットワークに接続するだけで映像を送信でき、監視することができる。また、機能の詳細は、WEBブラウザを使って簡単に設定することができる。

30万画素CMOSセンサ搭載
「CS-W03G」は、30万画素の1/4インチCMOSセンサを採用。最大640×480ピクセルで撮影することができる。

54Mbps無線LAN対応
汎用性の高い無線LAN規格IEEE802.11b/gに対応しているので、ネットワークケーブル配線不要のレイアウトフリーな配置が可能。また、有線ポート(10BASE-T/100BASE-TX)を1ポート装備しているので有線での接続など、状況に応じた使い分が可能。ただし、有線ネットワークと無線ネットワークは同時にはご利用になれない。

汎用性の高いJPEG圧縮を採用
画像圧縮にはJPEG形式を採用。JPEG形式は最も一般的な圧縮形式の一つで、様々なWEBブラウザやアプリケーションで、特別なソフトウエアのインストールなしに利用することが可能。

FTPクライアント機能
FTPクライアント機能が搭載され、指定したスケジュール通り、または手動で映像をFTP経由でアップロードできる。

カメラスタンド付属
付属のカメラスタンドは、角度調整ネジを本製品の底部にあるネジ穴に取付けて固定する。カメラスタンドには3つの穴があいているので、本製品を天井や壁に固定することも可能。

Dynamic DNSサービスに対応
本製品は、Dynamic DNSアカウントの更新機能に対応。対応Dynamic DNSサービスに登録してあるユーザー名、パスワード、ドメイン名の情報を本製品に設定しておくことにより、自動的に登録内容の更新を行うことができる。

専用ユーティリティ付属
専用ユーティリティ「CS Series Viewer」を使えば、リモートで録画開始/終了などの操作と、カメラのさまざまな設定や管理ができる。

「CS Series Viewer」の主な機能は、以下の通り。

動体検知機能
カメラの映像に変化があった場合に録画を開始する設定が可能。さらにビープ音によるアラームの設定やメールでの通知を設定することができ、不在中の監視にとても便利な機能。また、検知レベルは設置場所や用途に合わせて設定することが可能。

最大4台のカメラを接続可能
同時に4台のカメラの映像を監視できる。これによって、設定や画面を切り替えることなく4台のカメラの効率的な監視が可能になる。管理者は、最大64人のユーザを登録し、システム管理のアクセス権を指定し管理することができる。

スケジュール設定機能
特定の曜日・時間帯、あるいは日付を設定し、録画の開始・終了時刻を設定できる。

録画容量制限
録画ファイルの最大容量を設定すると、この設定値に到達したら古いデータの自動削除が行われ、記録領域がリサイクルされる。

保存ファイル分割
録画ファイルのサイズを指定し、設定値に到達したら映像が自動的に次のファイルに録画される。

FTPクライアント機能
FTPクライアント機能が搭載されているので、FTPサーバへ接続可能。カメラの映像はスケジュール設定、または手動でFTPサーバへアップロードすることができる。

低価格な無線対応カメラ 2006-07-27
ネットワークカメラを取り付けるときに困るポイントが、ネットワークケーブルの取り回しと、電源ケーブルですね。

ネットワークケーブルを我慢してPoEという方法もありますが、やはり対応機器は高額なものがおおい。

この製品は無線なのでネットワークケーブルの配線を気にする必要がなくて、しかもお手ごろのお値段なのが気に入りました。

さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました