PRPR

★PCカスタマイズ★システムリソース偏

スポンサーリンク
新着情報
2023.04.09
2023.04.06
2023.04.03
2023.03.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は2007年8月17日の1年以上前に書かれたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

早速ですが、今回はレジストリをいじります。

WindowsXPではWindows98/MEなどの時に、

スポンサーリンク

スポンサーリンク
カスタム検索
スポンサーリンク

「メモリ不足エラー」の原因になったシステムリソースの制限が緩和された為、

リソース不足でのエラーは少なくはなりました。


XPには、

スポンサーリンク

「デスクトップアプリケーションヒープ」と言われる特殊なメモリ領域があります。

大量のアプリケーションを起動した場合、
やはり「メモリ不足エラー」を引き起こします。

なので、
デスクトップアプリケーションヒープ」を増やす事によって回避できる可能性が高くなり、
動作も快適になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

��操作方法>

スタート⇒ファイル目を指定して実行⇒regeditと入力。
レジストリエディタ

この画面が起動します。

その中の、
「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControl¥Session Manager¥SubSystems」
と展開して、
右側の
「Windows」
ダブルクリック
すると以下内容が表示されます。
レジストリエディタシステムリソース

通常はこの真ん中の値が「3072」ですが(私は既にカスタマイズ済みの為値、が異なっています。この値はPCスペックのメモリ容量にも関係しますので注意してください。むやみに増やすとWindowsが起動しなくなってしまいます。)

通常では、「3072」に「512」を足した「3584」程度で良いと思います。

起動しなくなった場合の対処方法
PCの電源を入れて起動ロゴが出ている時に「F8」キーを連打します。

その後黒い画面になったら、「前回正常起動時」を選択すれば問題なく起動できるはずです。

私も、実際、上げすぎて起動しなくなってしまった為(^^;)上記対処にて、上限値を設定しました。

This session is using  IPv4  is established in
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています。
PCカスタマイズ備忘録
スポンサーリンク
ioをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
〜備忘録〜

カテゴリー

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました